So-net無料ブログ作成
日記・雑感 ブログトップ
前の10件 | -

’10年6月20〜21日 不思議な夢をみた。   [日記・雑感]

入院中の6月20日夜〜21日朝、不思議な夢をみた。
入院日記帳(’10年6月21日7:32a.m 鮮明な記憶の夢を記載)から原文そのままここに記します。

『夢をみた』
不思議な夢をみた。「赤いスイートピー」を歌ったあの歌手だ。彼女は私と少し親しくなった関係だった。私は30歳代後半、彼女は20歳前後のようだ。
彼女をSとしよう。
Sの仕事は歌手ではない。でもその容貌は限りなくあの歌手そのものだった。
私たちは惹かれあい、何回かデートを重ねた。
8回目のデートだったろうか、Sからこんな告白を私は受けた。

S「この前あなたが野に咲く赤いお花を摘んで花束にしてくれたとき、とても嬉しかったの。」

私はその言葉に確かな愛の予感を覚えた。その後も会話は続いた。そして少しの沈黙があった。

S「本当に偶然ってあるのね。赤いお花を受けとったとき、あの朝妊娠していることを知ったの。」

その事実を知って私はこう言った。
「それは良かった。もしかしたらという思いもあったんだ。それで今体調は大丈夫なの?」

S「うん、大丈夫。医者の話では妊娠2か月だって。」

私「とても嬉しんだ。」

こんな会話をしている風景は北欧のような入り江のいりくんだ奇麗な港町だった。
祝日なので老若男女がくりだしていた。
Sと私はSの身体をいたわりながら、その港町の半島をゆっくりと散策した。
季節は春まっさかり、色んな草花が咲いていた。お花畑だ。
Sは野の花を手折り小さな花束にした。赤、黄、白、紫と鮮やかな宝石がSの掌にあった。
生活感のある港町なのに、私たちの散策は全く生活感を感じさせないものだった。

S「来月にでもあなたのご両親とお会いしたいと思うの。 どうかしら?」

私「もちろん君さえよければ大歓迎だよ。」

S「ありがとう。とても嬉しいの。ちょっと不安だったの。」

気がつくと夕暮れが近づいていた。昼間は休日の温かい陽気に誘われて多くの家族連れでにぎわっていたが、この時間になると入り江のそこかしこに若いカップルのシルエットが目立つ。
私たちもその一つだ。
入り江の右手奥に沈もうとしている夕陽をみながら、私たちは語り合った。
おそらく1時間足らずだったと思うが、3時間以上も話し続けた感じがした。
それほど私にとっては大変心地の良い時間だった。
半島の先端までたどり着いたときSは言った。

S「ここから町の中心部へお船があるの。 乗ってみない?」

私「それはいいね。」

10人も乗船すれば定員となる小さな観光コースだ。
夕暮れも深まっていたせいか、乗客は私たち2人だけ。
心地よい海風に吹かれてあっという間に港町に着いた。
気がつけば今朝Sと会ってから食事らしい食事をしていなかったことにその時気がついた。
Sの告白が重かったのか、Sと会える喜びで充足していたのか、多分そのどちらかであろう。
海辺に沿った場所に小さな店だけどとても美味しいところがある、というSの案内でイタリアンなレストランに入った。
この港町は漁港であるのだが、ブランド牛『H牛』の産地としても結構有名だ。
レストランには私の大好きなワインもハウスワイン以外にイタリア産を中心に20本以上がメニューにリストオンされていた。
Sは数回来店してるようで、メニューから『旬の魚介のリングイネ』を注文した。
ところが私はというと、注文した品物がどうしても思い出せない。
それどころが大好きなワインも注文してなかったようだ。
Sが魚介のパスタを注文したのだから少なくとも『H牛のステーキ』はないだろう、と思った。
初デートではないのだし、過去のデートでもワインをいただいた記憶がある。
お店は小さいが、風格のある内装、密かな人気店といった感じだ。
リストオンのワインをみても比較的リーズナブル、それでいて変化にとんだものだ。
夏牡蠣にはまだちょっと早いが、魚介全般によく会うシャブリ、そしてロワール地方の私の好きなミュスカデもあった。もちろんガヴィやソアーヴェも。
赤は・・・。
ワインの話は止めよう。どうせ注文しなかったようだし。
夕食の後二人は再び入り江の海岸線を歩いた。
すると不思議なことにその時間になっても真夏の夜でもないのにカップルが大勢いた。さらに不思議なことにそのカップルはみな外国人なのだった。
入り江から防波堤に向かって歩いてゆくと、突然あるカップルの男性がSの持っているバッグを奪った。その右手には小型ピストルがあった。
とっさに私はその男の右手首を両手でおさえた。すると男はピストルを私に向けようとした。
もみあいになって必死にそのピストルを男の右ふとももへねじこんだ。その瞬間銃声がなった。
男はうなり声をあげ、ピストルは私の手の中にあった。
その一部始終を周囲の多くの外国人カップルが見ていた。
バッグをとりかえした後、私とSは一刻も早くその場を離れたいと思った。
手許のピストルをどうしたかもよく覚えていなかった。

ここは北欧の港町なのか?と私はつぶやいた。
Sはこのアクシデントの始まりから終わりまでおびえることはなかった。その男とまるで知人であったかのように。
それでもその場から500mくらい歩いた頃、Sの顔に笑顔が戻った。
Sは平静だったのではなく、終始あぜんとしていたのかもしれない。
気がつけばまた半島の先端の船着場に二人はいた。
時刻はおそらく8時過ぎ、観光コースと思っていたのに小型船が停留されていた。
船員らしき方にたずねると港へ戻る最終便があるという。
凪いだ月夜の海を船で渡った。
休日のあまりにも出来事の多いデートだった。
Sを抱いた、抱き寄せた。
そのややこぶりだが形のいい乳房のふくらみを感じた。

私「驚いただろう? ショックだった?」

S「ううん、大丈夫。あなたがいてくれたから。」
「それより私のせいで逆にひどい目にあったような気がしてその事が恐いの。」

私「それは間違いなく君の考え過ぎだよ。ほんとうにアクシデントだったのだから。」

そして私はSの顔を真近にみた。
やっと緊張から解き放たれたのか、Sの顔は少し赤かった。
Sをいとおしいと思った。そして再び強く抱きしめた。
(未完)

201006200842車いす ぼかし.jpg

6月17日に手術、26日に退院しました。松葉杖の日々です。
しばらく通院&リハビリが必要です。
恐縮ですが、コメント欄を閉めさせていただきます。

【7月1日14時 追記】
坂本冬美の「また君に恋してる」、大ヒット中です。そこでYouTubeよりカラオケを再掲載いたしました。唄ってみてくださいね。
http://mouse1948.blog.so-net.ne.jp/2010-04-02
nice!(71)  トラックバック(0) 

今から65年前の3月10日0時7分、アメリカ軍による東京大空襲が開始さる。   [日記・雑感]

今から65年前、1945年の今日3月10日0時7分、アメリカ軍による東京大空襲が開始、無差別爆撃が始まった。
アメリカ軍のB-29爆撃機325機による焼夷弾が投下(爆弾の制御投下弾量は38万1300発)され、死亡・行方不明者は10万人以上と言われる。
わずか一回の空襲で東京市街地の東半分、実に東京35区の3分の1以上の面積(約41km²)が焼失した。

ここに広島・長崎への原爆投下だけではない、歴史的事実を記載して亡くなった多くの皆様を追悼するとともに、語り継ぎ、再びこのような戦争を二度と起こさないことを私達日本人は心に銘じなければならない。


以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からの出典、及び毎日新聞のサイトをリンクする。

東京大空襲
http://ja.wikipedia.org/wiki/東京大空襲

http://mainichi.jp/select/wadai/graph/tokyoairraid1945/


YouTube東京大空襲



YouTubeアメリカからみた【東京大空襲】第二次世界大戦



昭和20年、大日本帝国海軍特別攻撃隊として「一式陸攻」(一式陸上攻撃機)で出撃したが米軍艦隊と遭遇せず帰還した亡き父を団塊の世代ど真ん中の私が偲び、
65年前の東京大空襲をここに記録すべく、3月10日0時7分ちょうどにこの記事をアップする。



(お知らせ)
諸般の事情によりコメント欄は「ログインしたSo-net会員のみ」に限定していましたが、
今回のブログ記事より当分の間、コメント欄を全ての皆様(ゲストコメントを含む)に開放することといたしました。

今日30日は「第45回総選挙」、あなたはもう投票にゆきましたか?   [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんにちわ。

今日30日は、「第45回総選挙」の投票日です。
首都圏では午後からあいにくの雨模様ですね。

わたくしはおおよそ30年ぶりに選挙の投票にさきほど行ってきました。
今回の総選挙は自公連立政権の継続か、民主党中心の野党による政権交代か、「政権選択」をめぐるとても大切な選挙です。
30年もの長期間にわたって選挙の投票に行かなかったのには私なりの理由があります。
それは1票を投じても自民党主体の旧態依然とした態勢になんの影響もない、
と思っていたからです。

でも今回の総選挙は違います。
自分の1票で「自公連立政権」を終焉させ、政権交代へのチェンジを臨んだからです。

各地方によって違うと思いますが、夜8時まで投票ができます。
現状維持を良しとしない意思があるのでしたら、是非投票にお出かけ下さい!


Yes, We Can Change !



「村上春樹、1Q84」と「新田次郎」と「常念岳」と。   [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんばんわ。

今日はお題3目ということでお話をしたいと思います。

タイトルで書きました順番にお話しいたします。
まず「村上春樹」ですが、今や日本のみなならず世界的に著名となった人気作家ですね。

今日書店で5月30日付け発売の書き下ろし長編小説『1Q84』(イチ・キュー・ハチ・ヨン。2冊組)を購入しました。
村上春樹の作品は数冊は読んでいると思い、帰宅してから書棚を探してみた。
するとなんと一番初期の単行本『風の歌を聴け』(1979年7月25日 第一刷、つまり初版本です)の1冊しか所有していませんでした。
それでは1987年発表の『ノルウェイの森』(上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きた)を読んでいなかったのである。
これには愕然としました。
新作を読む前に『ノルウェイの森』を先に読むべきでしょうか[exclamation&question]


本を読むのは割と好きなほうで、主に純文学、サスペンス小説、山岳小説が多い。
新田次郎、森村誠一、伊集院静、宮部みゆき、東山圭吾などを好んで読みました。
特に人気のある宮部みゆきは一時期マイブームでした。
一度読み出すと立て続けに読むのですが、読まなくなると長期にわたるからどうなっているのかしらん。


1Q84』の紹介

09.5.29購入、村上春樹「1Q84」1.jpg


09.5.29購入、村上春樹「1Q84」2.jpg

続きを読む


エド・はるみ、24時間テレビのマラソンランナー決定、おめでとう!    [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんにちわ。

もう既にご存知の方も多いと思いますが、今年の日本テレビ・読売系「24時間テレビ31 愛は地球を救う」(8月30日)のチャリティーマラソンランナーに、今売れっ子芸人のエド・はるみが決定しました[exclamation×2]

今年になって大ブレイク中のエド・はるみ、彼女のグゥ〜は何回訊いても面白い。
またその上品な芸風も今までの芸人にはなかったキャラクターであり、観ていて好感がもてる。
私も1ファンである。
是非頑張って120Km(山田花子が110Kmを完走しているので)を完走して欲しいです[ぴかぴか(新しい)]

なおエド・はるみさんは24時間テレビでマラソンランナーになることが夢で、自分のブログにも書いている。

エド・はるみのブログ:
http://haruhappyharuru.laff.jp/blog/


エド・はるみのプロフィール】
出身地:千葉県市川市。
生年月日:1964年5月14日(44歳)。
吉本興業東京本社(厳密にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本部。東京吉本)所属のお笑い芸人、女優、ナレーター。茨城県、千葉県、東京都で、幼少期から学生時代を過ごす。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。身長156cm。血液型A型。バラエティ番組等で、『○○グゥ~』のネタで知られている。

エド・はるみ画像.jpg





(注)YouTubeの動画をご覧になるときには、左サイドバーの一番下、BGM「ronkon」のOFFを押してくださいませ。




nice!(22)  コメント(19) 

雪の節分、鬼が襲来!                [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんばんわ。

関東地方は2年ぶりの大雪、我が地元でも5Cmくらい積雪しました。
今日は節分です。

続きを読む


nice!(18)  コメント(18) 

台風9号が首都圏に直撃の恐れあり。ご注意を!     [日記・雑感]

首都圏の皆様、近県の皆様、こんばんわ。

台風9号が首都圏に直撃する恐れがでてきました。

(23時30分現在情報)



台風上陸は静岡県、神奈川県が予想されます。
時速15kmと低速ですが暴風雨圏が大きく風水害も心配されます。
特に都内では河川の氾濫による家屋の浸水、洪水による道路冠水、地下室浸水が心配です。
台風の通過経路が予想される地方の皆様、十分ご注意くださいね。
念のため、懐中電灯と携帯ラジオを枕元に置いてご就寝ください。




《ビリーズブートキャンプ、エクササイズ報告》

続きを読む


nice!(15)  コメント(10) 

地元ケーブルテレビで「デジタル放送サービス」加入!       [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんばんわ。

2011年に全てのテレビ放送がデジタル放送へ移行されます。
私は現在地元のケーブルテレビ(以下CATVと呼ぶ)で、アナログ放送受信とCATVインターネットに加入しています。
CATVのデジタル放送サービスも既に開始しています。
そこでアナログからデジタルに変更するべく、「デジタルサービス」の「ベーシックコース」に加入することにしました。
「ベーシックコース」の利用料は、基本料金3,150円&STB使用料840円で月額3,990円となります。
但しCATVインターネットに同時加入していると、月額690円の割引がありますので月額実質3.300円になります。

デジタルへの移行の初期費用は13,880円ですが、7月31日までに加入すれば期間限定特別価格5,250円になります。
既に申し込みをしており、今日デジタル移行の工事となりました。
工事といっても簡単、アナログチューナーからデジタル専用チューナー(STB)に交換して初期設定をしてもらうだけ。
でもSTBのリモコンの使い方を詳しく教えてもらったので3時間以上かかってしまいましたが。
以下、デジタル機器やデジタル放送関連の記事となります。
現在CATVアナログ放送を受信中で、これからデジタル放送受信に移行する予定の方の参考になれば幸いです。

続きを読む


浅草、仲見世商店街の「人形焼きのお店」、元祖は?         [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんにちわ。

昨年11月15日に上野へ『大エルミタージュ展』を観にゆきましたが、
その前に予約していた浅草のロシア料理店「マノス」で昼食をしました。
その後まだ絵画展鑑賞には少し時間的余裕があったので、雷門から仲見世商店街を3〜40分散歩しました。

そして「人形焼き」のお店が沢山あることに気がついたのです。
果たしてどのお店が一番創業が古い(元祖)のかデジカメで撮影しながら調べました。

この記事では「雷門と大提灯」、「浅草仲見世商店街の人形焼き」として画像を掲載いたします。

(1)雷門と大提灯

(入り口側から見た雷門)


続きを読む


夕暮れときのウォーキングと「無灯火の自転車」               [日記・雑感]

ソネブロ会員の皆様、こんばんは。

毎早朝にダイエット・ウォーキングをしておりますが、夕方にウォーキングをすることも多いです。
夕方ウォーキングは18時半頃からスタートします。
この時間帯になりますと相当暗くなってきます。
そこで一番怖いのが、『無灯火の自転車』です。

続きを読む


前の10件 | - 日記・雑感 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます