So-net無料ブログ作成

「13年前の1月、スイスの想い出」No.1  オードヴィ [旅行]

ソネブロ会員の皆様、こんにちわ。

今使用中のパソコンディスクの真後ろの食器棚に置いてある"オードヴィ"が1本あります。
13年前の1月にスイスのツェルマットに夫婦でスキーに行きました。
そうあのマッターホルンの山麓の村です。
その時帰りもスイス航空でしたので、パリ(何故パリかは次回にお話します)発の飛行機でトランジットにチューリッヒ空港に寄りました。
そこでスイスに行ったときからずうっと探していたオードヴィを、
空港の免税ショップで幸運にも見つけたのです。
早速3本購入、1本は会社で公私ともにお世話になっている上司に、もう1本は義兄にお土産として差し上げました。

ワインには結構詳しいつもりですが、リキュール類等には全く縁がありませんでした。
そこで「オードヴィ」という言葉をネットで探しました。
すると、「蒸留酒」という言葉に辿りつきました。

http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/encyclopedia/00014.html

上記サイトを読むと、
『蒸留酒は、いったん造った醸造酒を火にかけて造るもの』であり、
『13世紀半ば、フランスのヴイューヌーヴは「ワインの蒸留酒には生命を永らえさせる不思議な力がある」といって、「生命の水」(eaux de vie)と命名しました。』との記載がありました。

ここでやっと私が買ってきた「オードヴィ」と繋がりました。
このお酒のラベルを読むと、下記の記載があったからです。

ブランド名:bon pere william
産地:PURODUCT OF SWITZERLAND(スイス製)
アルコール度数:40 VOL %
ラベルの上部左には"EAU-DE-VIE DE POIRES"の記載も。

持って回った言い方ですみませんでした。
POIRESは「洋梨」のこと、
そしてEAU-DE-VIEは「オードヴィ」である。
つまり『洋梨のオードヴィ』=『洋梨の蒸留酒』ということになります。
さらにネットで調べましたら、ウイリアム種という洋梨の種類があることが判明しました。
結論は『ウイリアム種の洋梨の蒸留酒』ということになります。

ではそのボトル画像を2枚ご覧ください。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

田舎に行ってきました! [旅行]

ソネブロの皆様、今晩わ。

既に予告の通り、17〜18日と田舎(千葉県銚子市)に行ってきました。
メンバーは我が家2名、弟夫婦2名、そして母の大人5名、
母だけが東京駅から特急電車で、私たちはマイカーでした。
メインの目的は、先祖代々の墓参りですが、久しぶりなので観光&グルメもしてきました。

宿は、5年位前に天然温泉を自噴の「犬吠埼京○ホテル」にし、
そのHPから予約申し込みボタンを押したら、なんと「楽○トラベル」に繋がり、予約をいたしました。
楽○は「楽○市場」のオンラインショッピングでいつもワインを購入しているので、
今回の予約で、支払い時にポイントを取得できるのでラッキーでした。
またウエルカムドリンク、夕飯時にジュースかお酒1本が付くサービスも楽○トラベルで予約したおかげです。

しかし昔は遠いイメージがありますが、今は東関東自動車道を利用すると、
我が家から約2時間ちょっとで行けます。
ですから日帰りで来たこともあります。

この季節の旬は、真鯵、鱸、きんめ鯛、鰹、そして銚子ならではの磯牡蠣(夏牡蠣)です。
一番安くて美味しい鰯は、収穫量が激減して今は「高級魚」と化しました。
昔は小さめの発泡スチロールに鰯をいっぱい入れて氷詰めで500円だったのですから。
朝とれたてなので、刺身はもちろん、つみれ汁、焼き魚、煮付けと鰯フルコースで楽しめたのです。

さてもう皆様ご存知の通り、私は地元の河川沿いに毎早朝ウォーキングをしていますので、
この旅行でも翌18日5時半から犬吠埼灯台そして手前下の君ケ浜海岸あたりをウォーキング、
というより散策&お花ウォッチィングとなりました。
出逢ったお花や灯台に昇った画像を紹介いたします。
でもその前に前日銚子市内のある魚料理店で頂いた磯牡蠣(1個650円)の画像を先に紹介してからにします。
(魚市場前で行商の方が、5〜6個で1,000円で売っていました)

【磯牡蠣】(もちろん生で食べます。美味しい!)


【灯台、君ケ浜周辺の花】
アザミ

待宵草



【灯台を昇る】
構内入り口観光板

灯台名の表示板

直下から灯台を見上げる

いよいよ灯台入り口からてっぺんまで

これは、灯台レンズです。

下はレンズを回転させる装置


【灯台のてっぺんからの眺望】
君ケ浜方面

地球の丸く見える丘展望館(最上部台地の右側建物)方面

外川方面


【構内の霧笛舍】
霧信号所の案内板

霧笛舍


【初代の灯台レンズ】
(構内の博物館に展示あり)



【君ケ浜から沖を見る】


【犬岩、周辺の海、そして周辺で撮った花】
犬岩(源義経の愛犬がここで置き去りになり、泣き通してついに岩になった、という伝説あり。

周辺の海(赤い鉄塔が印象的だった)

オニユリ


【嘉平屋】
の黒生店で揚げたての「さつま揚げ」をお土産に


【ウオッセ21で海鮮丼】
(「ウオッセ21」は、水産物卸売センターのこと、直ぐ側にある「銚子ポートタワー」と合わせて「水産ポートセンター」と称する。)
ウオッセ21で魚を買い、ついでに一番奥の魚料理店で食事した。
私が頼んだのは海鮮丼(これで1,600円、一番人気)


ここでちょっとホテルの食事の話をします。
料理は夕食は個室食事処がありそこで頂きましたが、
魚ずくしで合格点でした。
またワインも種類が少ないですがありまして、魚がメインですので白ワインをボトルで頼みましたが、
メニューには載っていないホテルではグラスワインで出しているものをフルボトルで1本注文しましたが、なんと1,900円(テーブルワインですが、辛口&軽口で安いが美味しかった。仏製、サッポロワイン輸入)でした!
また朝のバイキングも種類が豊富で美味しかったです。

末尾になってしまいましたが、ホテルの天然温泉、泉質は「ナトリウム塩化物強塩温泉」で、
効能は「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性等」、
お湯はさらりとした感じで、
通常の屋内風呂から外に出ると石組みの露天風呂になっていて、
眼下に広がる君ケ浜の眺望が見事です。

曇り、時々小雨がぱらつく2日間でしたが、
ご先祖様の供養もして、美味しいお魚と爽やかな海風と自然を満喫できた旅行でした。

【7月20日朝、追記】
上記記事中に、【構内の霧笛舍】を追加しました。


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

田舎に行ってきました。【予告】 [旅行]

皆様、ただいま。
1泊2日で我が兄弟家族&母の5人で田舎に行ってきました。
こんな灯台がある故郷です。


さて何処でしょう?
詳しくは明日以降、お話したいと思います。
暫しお待ちを。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます